言語聴覚療法部門(Speech Therapy:ST)

当院 言語療法での対象となる方々は、頭の病気(脳出血や脳梗塞など)や頭のケガなどで、頭の中の言語を司っているところに障害を受けた方(失語症)、舌などの動きが悪くて言葉がはっきり話せない方(運動性構音障害)、 飲み込みに問題があって、うまく食べられない方(嚥下障害)等です。

子供さんでは、言葉の発達に問題がある子(言語発達障害)、聞こえに問題のある子(難聴)、 発音がうまくできない子(機能性構障害音)たちです。

その方々にどのような言葉の問題があるのかを調べ、一人ひとりに合った訓練方法を考え、 訓練を行います。そして、その方々がより充実した生活を送られるよう、 また能力を充分に発揮できるよう促すことを援助します。

さらに、障害を抱える方々のご家族や周囲の方にも、言葉の問題や接し方について説明することで、障害を理解するお手伝いをさせていただきます。

対象疾患

疾患名
脳血管疾患失語症、構音障害、高次脳機能障害、嚥下障害 など

PAGE TOP

公益財団法人 丹後中央病院 リハビリテーション部
〒627-8555 京都府京丹後市峰山町杉谷158-1 TEL 0772-62-0791 FAX 0772-62-5897


Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.