濵田暁彦医師 コラム No.47
2016/01/20(与謝野町くすぐるカード会発行「くすぐる vol.179」2016年2月号より改訂)

「時計遺伝子」の話-その1

私達は一定のリズムに従って一日の生活を送ることで、無意識のうちに健康的な生活をしています。特に睡眠と食事のリズムを考えてみると実感できると思います。睡眠不足や十分な食事が摂れなければ、当然体調は悪くなります。

 しかし、睡眠時間が長く食事の量が多くても、睡眠と食事の「リズムが不規則」だとどうでしょうか?皆さんも経験があると思いますが「不規則な生活」では、いつまでも眠気が取れなかったり食欲が出なかったりと、やはり体調不良になるでしょう。

 このような「当たり前」とも思える生活リズムと健康との関係が科学的に徐々に明らかになっています。眠気や空腹を定期的に感じることで、私達には「体内時計」があることが実感されますが、1972年にこの体内時計が脳の中の小さな部位に実際に存在することが発見されました。更にその25年後の1997年に、私達の体を作る細胞の中の「遺伝子」に実際に時を刻む体内時計の仕組みが書き込まれていることが明らかにされました。

 この遺伝子は「時計遺伝子」と名付けられ、その後この20年程の間に20種類以上の時計遺伝子が発見され、人間だけでなく現在地球上に生きている全ての生物、つまり細菌の様な微生物から植物や動物まで全ての生き物が共通して時計遺伝子を持っているということがわかってきたのです。これは大変な発見で、逆に言うと地球上で生きて行く上では時計遺伝子は必要不可欠だということなのです。

 2005年に、この時計遺伝子のひとつ「クロック」に異常のあるマウスがメタボリック症候群になる事が、有名な科学雑誌「サイエンス」に報告されて以来、時計遺伝子が司る生体リズムと病気との関係が次々と明らかになってきました。

 驚くことに生体リズムの乱れや、高齢になり時計遺伝子の働きが低下することが、高血圧、糖尿病、高コレステロール、肥満などの生活習慣病を引き起こすだけでなく、骨粗鬆症やうつ病、発がんや老化の原因にもなることが解ってきました。現在この体内時計の機構を知り活用することで健康を考える「時間医学」という医学分野が生まれて来ており、今後生活のリズムから病気を未然に防ぐ医学が発達して行くと期待されています。

執筆
濵田 暁彦


1974年京都府宮津市生まれ。1993年宮津高校卒業。1年間浪人生活を京都駿台予備校で送り翌年京都大学医学部入学。2000年京都大学医学部卒業後、京都大学医学部附属病院内科研修を1年行う。2001年京都桂病院内科に研修医として赴任。2002年京都桂病院消化器内科医員となり、2007年同副医長。2010年故郷である丹後中央病院消化器内科部長として赴任。現在丹後中央病院消化器内科主任部長兼内視鏡室室長、他に京都大学医学部臨床講師(2015年〜)、宮津武田病院非常勤を務める。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」。早期癌の診断治療(拡大内視鏡・食道胃大腸ESD)、胆膵管内視鏡ERCP、超音波内視鏡EUS、EUS-FNA等が専門。機能性胃腸症:FDや過敏性腸症候群:IBS、便秘などで苦しむ患者さんの治療や、様々な不定愁訴に対しても西洋医学(総合内科)と漢方医学を融合させた医療を実践中。また老衰や認知症に伴う肺炎などの終末期患者さんの看取りや、各種がんの終末期緩和ケア&看取りをこれまで多くの患者さんに行い、安らかな最期を迎えられるようチーム医療で取り組んでいる。

所属学会・認定専門医
日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本膵臓学会、日本胆道学会、日本臨床細胞学会、日本食道学会、日本肝臓学会、日本ヘリコバクター学会認定医、日本腹部救急医学会、日本時間生物学会、日本臨床腸内微生物学会、日本東洋医学会