濵田暁彦医師 コラム No.39
2015/05/20(与謝野町くすぐるカード会発行「くすぐる vol.174」2015年6月掲載)

「熱」の話ーその2

熱が出る病気で最も一般的なのはやはり「感染症(かんせんしょう)」ですが、教科書的にはほかにも「悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(癌(がん)や白血病(はっけつびょう)、リンパ腫(しゅ)など)」および「膠原病(こうげんびょう)」と言った病気も発熱の原因として挙げられています。

実際には悪性腫瘍でも腫瘍が小さい間は熱が出ない場合が多いのですが、感染症の症状に乏しく原因不明の発熱が続く場合は、他の症状とも考え合わせて「悪性腫瘍」や「膠原病」という病気の検査をして行きます。

悪性腫瘍の中では、白血病やリンパ腫と言った血液の腫瘍で比較的発熱し易(やす)いのですが、腫瘍そのものから発熱を促すタンパク質が出されたり、腫瘍細胞が急に大きくなる際に壊死(えし)を起こして、細胞死(さいぼうし)した後を免疫細胞(めんえきさいぼう)が掃除をする際に発熱物質を出したり、さらにはどんな腫瘍でも進行してくると体力が低下し免疫力(めんえきりょく)が落ちてしまって肺炎などの感染症にかかって熱が出る場合が多く、悪性腫瘍の発熱の原因は実に様々で、診断は実に複雑です。

一方「膠原病」という病気は、自分の持っている免疫細胞が暴走して制御不能となってしまう病気で、「関節リウマチ」が代表的ですがその他にも多くの種類があります。暴走した免疫細胞から発熱物質が出されて熱が出るわけです。

しかし「悪性腫瘍」も「膠原病」も、感染症の治療薬の「抗生物質」や熱を下げ痛みを抑える「解熱鎮痛剤(げねつちんつうざい)」だけでは治りません。悪性腫瘍なら手術や抗がん剤治療が必要ですし、膠原病ならステロイドや免疫抑制剤(めんえきよくせいざい)の治療が必要だからです。

しかし解熱鎮痛剤やステロイドを使うと、一時的には悪性腫瘍や膠原病の熱が抑えられ、一見(いっけん)病気が治まったかに思えます。しかし再び熱を繰り返し、あちこちの病院にかかったりするために却(かえ)って本当の病気の診断が遅れてしまうことが多いのです。

そのために、熱が出た場合に安易に解熱鎮痛薬を使うのではなく、まずどのような原因で熱が出ているのかを見極めて適切な治療をすることが重要なのです。

執筆
濵田 暁彦

宮津高校、京都大学卒。
京都大学医学部臨床講師、丹後中央病院消化器内科主任部長、宮津武田病院非常勤。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」。早期がん治療ESDや胆膵内視鏡ERCP・EUS等内視鏡治療が専門。