濵田暁彦医師 コラム No.38
2015/04/20(与謝野町くすぐるカード会発行「くすぐる vol.173」2015年5月掲載)

「熱」の話ーその1

「かぜ」で熱が高くなると「解熱剤(げねつざい)」や「総合感冒薬(そうごうかんぼうやく)」、「抗生剤(こうせいざい)」を飲むことが当たり前の治療と思われてきましたが、前にもお話した様に医学的には「かぜに抗生剤は無効」と解(わか)っていますし、今回お話する様に熱を下げすぎるとかえって良くないことも解ってきました。

ウイルスや細菌などの病原体が繁殖して体に異常が生じた時、白血球という一群の免疫細胞(めんえきさいぼう)が出動してこの病原体を攻撃します。この時に様々な攻撃の道具が作られますが、その内の「内因性発熱物質(ないいんせいはつねつぶっしつ)」と呼ばれる数種類のたんぱく質の情報が脳の「体温調節中枢(たいおんちょうせつちゅうすう)」に届くと「熱を上げよ」という指令が体じゅうに出されます。この命令が出ると、皮膚の血管が締(し)まったり汗が出なくなったり、筋肉がぶるぶると震えて体温が上がるように自分の体を働かせます。熱が高くなると病原体は増殖しにくくなり、替わりに白血球の動きが活発になり病原体を「貪食(どんしょく)」=つまり文字通りどんどんと食べて行くのです。

このように感染症の時に体はわざと「熱」を出して自分で自分の病気を治しているのです。これは私達が元々持っている「自然治癒力(しぜんちゆりょく)」です。様々な医学の研究で「発熱」には感染症を治す働きがあることが分かっています。例えばイグアナや金魚、うさぎなどの動物実験で、熱を冷ます「解熱鎮痛剤(げねつちんつうざい)」を使うことで病原体が増殖してしまい死亡し易くなり、逆に体温を上げる方が生き残り易いことが解っています。

ヒトでも重症の肺炎や敗血症(はいけっしょう)(血液中に細菌が侵入している状態)では38.3度以上の高熱の人の方が生き残る割合が高いことが解っています。漢方薬の麻黄湯(まおうとう)や葛根湯(かっこんとう)ではわざと発熱させて感染症を治しますが実は非常に理にかなっているのです。

高熱で問題になる脱水症(だっすいしょう)や腎不全(じんふぜん)は水分を十分に摂ることで予防できますし、また高熱時に心配な「熱性けいれん」は実は解熱薬で防げるものではありません。熱性けいれんは抗ヒスタミン薬というアレルギー薬が入った風邪薬で起こりやすいことが解ってきたため、アメリカでは子供に総合感冒薬を飲ませないように勧告しています。また脳炎(のうえん)や髄膜炎(ずいまくえん)も解熱剤では防ぐことができず、ヒブワクチンや肺炎球菌(はいえんきゅうきん)ワクチンによる予防接種が最も重要であることが解っています。

日常的によく経験する「熱」ですが、原因によって治療が異なり時代と共に治療法も変わっているのです。

次回からも「熱」についてのお話を続けます。

執筆
濵田 暁彦

宮津高校、京都大学卒。
丹後中央病院消化器内科主任部長。宮津武田病院非常勤。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」。早期がん治療ESDや胆膵内視鏡ERCP・EUS等内視鏡治療が専門。