濵田暁彦医師 コラム No.37
2015/03/20(与謝野町くすぐるカード会発行「くすぐる vol.172」2015年4月掲載)

「花と鼻」のはなし

今年も桜の季節となり気分も明るく春めいて来ました。「花」と言えば「桜」という程日本人にとって桜は特別な花と言えるでしょう。

しかし古来「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに (小野小町)」、「願わくは 花のもとにて 春死なむ その如月の望月の頃 (西行)」のように桜の花は「はかない命」という昔の日本人の美意識の象徴だったのでしょう。現代では「桜」と言えば「卒業と新年度」=「別れと出会い」のイメージに変わって来ています。さてこの時期「花」と言えば「花粉症」がピークです。

花粉症は本来外敵から身を守るための免疫細胞が暴走する病気で、鼻水・鼻づまり・涙といった辛い症状に悩まされます。日本人の約25%もの人が花粉症であると言われ今や国民病です。

日本では戦後の大量植林の結果スギ花粉症の患者さんが急増しましたが、アメリカではブタクサが、ヨーロッパではイネ科の植物が、北欧ではシラカバがそれぞれ花粉症の主な原因であるというように地域によって原因となる植物が異なります。医学的には肥満細胞と免疫グロブリンIgEが関与する即時型のⅠ型アレルギーと分類されます。

治療薬として抗ヒスタミン薬がよく用いられますが、第1世代抗ヒスタミン薬は「眠気」だけでなく「インペアード・パフォーマンス=鈍脳」という本人も気がつかない集中力・判断力・作業能率の低下を起こし、1錠飲むとウイスキーのシングル3杯(90ml)分、日本酒1.5合分飲んだのと同じ位のインペアード・パフォーマンスを来たし、これはアルコール血中濃度50mg/dl程度の「飲酒運転」に相当する量です。

アメリカの法律では第一世代の抗ヒスタミン薬を服用しての運転は飲酒運転と同様に禁止されているのも納得できます。しかし最近の第2世代の抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が少なくなり、パイロットなど職業運転手でも一部使用が許可されています。その他の治療薬として、点眼薬や点鼻薬、漢方薬(小青竜湯など)を用いることでも眠気やインペアード・パフォーマンスの副作用を回避することが可能です。

花粉症とも上手く付き合って行きましょう。

執筆
濵田 暁彦

1974年宮津生まれ。宮津高校、京都大学卒。丹後中央病院・消化器内科主任部長。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」を行うこと。早期がん治療ESDや胆膵内視鏡ERCP・EUS等、内視鏡検査・治療が専門。

また本年4月から第1・3・5週土曜日の午前中に宮津武田病院で消化器内科外来を始めました。診察、検査、相談などお気軽にお越し下さい。