濵田暁彦医師 コラム No.35
2015/01/20(与謝野町くすぐるカード会発行「くすぐる vol.170」2015年2月掲載)

「感染症の話」その3

「細菌(さいきん)」は単に「菌」や「バイ菌」とも言いますが大変よく知られた存在です。しかし「真菌(しんきん)=カビ」や「ウイルス」とは違う種類で、その違いを知っている方は少ないかもしれません。

細菌はヒトの細胞の約10分の1(約1マイクロメートル)と小さく、1つの細胞が1個体の「単細胞生物」です。また「核(かく)」や「ミトコンドリア」と言った細胞内の小器官を持たない単純な作りの「原核生物(げんかくせいぶつ)」で、細胞の中に核やミトコンドリアを持つカビやヒトなど「真核生物(しんかくせいぶつ)」とは構造が異なります。

また「ウイルス」は細菌より更に約100分の1も小さく(約10ナノメートル)、遺伝物質の「核酸(かくさん)」をタンパク質の殻で覆っただけの構造で、他の生物の細胞の中に寄生しないと増殖すらできないため、「生物」かどうかも曖昧(あいまい)な存在です。

ヒトの体には、皮膚や口、腸の中などにブドウ球菌や大腸菌などの「常在細菌」が数多く生息していますが、ほとんどの場合病気を引き起こすことはありません。
例えば腸の中には約500種類、100兆個の細菌が生存して、栄養素を作ったり免疫力を助けるなどして私達と共生しています。しかし病原性を持った細菌は毒素を出したり直接ヒトの細胞内に侵入して強い傷害を引き起こし肺炎や腸炎、尿路感染などの「細菌性感染症」を引き起こします。高度の炎症が起こり高熱が出て脱水症状を引き起こすなど重症になることもしばしばです。

このような時に抗生物質を治療薬として使います。しかし抗生物質は腸内細菌の様に悪さをしない善玉菌にも作用するため、使い方を誤ると腸内の環境を破壊し免疫力を低下させたり、抗生物質の効かない「耐性菌(たいせいきん)」を増やしてしまい、いざ重症の肺炎などの時に抗生物質が効かなくなるなど様々な副作用をもたらします。例えば鼻水やのどの痛み、咳と言った「かぜ」の場合に細菌が原因である場合は1割程度しかなく、ほとんどの場合は抗生物質が無効なウイルスが原因です。
そのため「かぜ」に抗生物質を処方することは基本的に間違っています。処方するなら、溶連菌やマイコプラズマ(正確には細菌ではありませんが)と言ったかぜの原因となる特殊な菌の迅速検査をして、陽性となる場合だけ処方するべきです。また適切な抗生物質の投与日数も菌の種類によって大きく異なります。

もし皆様がかぜを引いて医者にかかる時にはこのことに注意をして下さい。鼻、のど、咳のかぜに原因菌を見極めもせずに抗生物質を処方するお医者さんは、感染症の知識に乏しいお医者さんだと考えた方が良いでしょう。

執筆
濵田 暁彦

1974年宮津生まれ。宮津高校、京都大学卒。消化器内科専門。丹後中央病院勤務。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」を行うこと。早期がん治療ESDや胆膵内視鏡ERCP・EUSなど内視鏡による検査・治療が専門。

毎週火曜日午前:与謝野町診療所内科担当

メールによる質問はいつでもどうぞ。 a.hamada@tangohp.com