濵田暁彦医師 コラム No.34
2014/12/20(与謝野町くすぐるカード会発行「くすぐる vol.169」2015年1月号より改訂)

「2015年(平成27年)-新年明けましておめでとうございます」

2014年の医療関係の話題をまとめてみました。

 まずiPS細胞の患者さんへの治療応用がいよいよ始まりました。9月に「滲出型加齢黄斑変性」という難病患者さんにiPS細胞から作った「網膜色素上皮細胞」が世界で初めて移植されました。まだ臨床研究の段階ですのでこれから効果や副作用などが明らかにされて行くでしょうが将来性のある喜ばしいニュースです。

 その傍ら日本人が海外の有名な科学雑誌に掲載した「STAP細胞」論文と、「ディオバン(高血圧治療薬)」論文がいずれもデータの改ざんにより取り下げられるという国際的に非常に不名誉な事件もありました。

 まずSTAP細胞に関してですが、ある新たな科学実験の結果が認められるためには「再現性がある」ことが科学の世界では必要です。つまり一度きりの出来事では科学的とは言えず(それは超常現象です)、他人が同じ手順で実験を行っても同じ結果が得られるということが必要なのです。しかしSTAP細胞は結局その後誰も再現実験に成功しませんでした。つまり科学的に正しいと証明されなかった訳です。

 またディオバンという薬のデータ改ざんに関しては、薬の効果を調べる最近の方法は「大規模臨床試験」と言って、多数の患者さんを対象に本物の薬を飲む群と、偽薬(見た目には同じだが薬の成分の入っていないもの)を飲む群に分けて、そのうち何人に薬が効いたかを調べて統計学という数学で「有意に差がある(=薬が有効である)」かを計算します。しかし良い結果を出したいがために、ディオバンという薬の効果があった人の人数を水増しして「有意差がある=薬が有効である」という嘘の結果を世界的に権威のある医学論文雑誌に載せてしまったのです。

 2014年には青色発光ダイオードの発明で3人の日本人がノーベル物理学賞を同時に受賞したという快挙の陰で、このようなモラルに欠けた一部の人のために国際的に日本の科学者の信用がなくなってしまうことは今後二度とあってはなりません。

執筆
濵田 暁彦

1974年京都府宮津市生まれ。1993年宮津高校卒業。1年間浪人生活を京都駿台予備校で送り翌年京都大学医学部入学。2000年京都大学医学部卒業後、京都大学医学部附属病院内科研修を1年行う。2001年京都桂病院内科に研修医として赴任。2002年京都桂病院消化器内科医員となり、2007年同副医長。2010年故郷である丹後中央病院消化器内科部長として赴任。現在丹後中央病院消化器内科主任部長兼内視鏡室室長、他に京都大学医学部臨床講師(2015年〜)、宮津武田病院非常勤を務める。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」。早期癌の診断治療(拡大内視鏡・食道胃大腸ESD)、胆膵管内視鏡ERCP、超音波内視鏡EUS、EUS-FNA等が専門。機能性胃腸症:FDや過敏性腸症候群:IBS、便秘などで苦しむ患者さんの治療や、様々な不定愁訴に対しても西洋医学(総合内科)と漢方医学を融合させた医療を実践中。また老衰や認知症に伴う肺炎などの終末期患者さんの看取りや、各種がんの終末期緩和ケア&看取りをこれまで多くの患者さんに行い、安らかな最期を迎えられるようチーム医療で取り組んでいる。

所属学会・認定専門医
日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本膵臓学会、日本胆道学会、日本臨床細胞学会、日本食道学会、日本肝臓学会、日本ヘリコバクター学会認定医、日本腹部救急医学会、日本時間生物学会、日本臨床腸内微生物学会、日本東洋医学会