麻酔科 (ペインクリニック・痛み外来)

各診療科のご案内
一般内科
消化器内科
┕ 内視鏡室
循環器内科
糖尿病内分泌科
神経内科
呼吸器内科
血液内科
小児科
外科
脳外科
整形外科・リウマチ科
形成外科
リハビリテーション科
麻酔科(ペインクリニック)
耳鼻咽喉科
泌尿器科
眼科
皮膚科
放射線科
透析室
回復期リハビリテーション病棟

診療科より

@痛み外来とは?

”痛み”は生体に起こった異常を知らせる警告反応です。
このサインによって多くの患者さんは医療機関へ赴き、診察,検査,診断,治療という経過をたどります。痛みの原因を取り除く治療を行えば(例えば炎症)、多くの場合は、痛みから解放されるでしょう。
しかしながら、痛みの原因だと思われるものを取り除いても痛みから解放されない(例えば原因不明の手術後疼痛), 痛みの原因を取り除ききれない(例えば末期ガン), 痛みの原因がはっきりしない(例えば特発性肋間神経痛)場合などがあります。これらの“痛み”を神経ブロックや投薬によって軽減,コントロールを行うのが痛み外来です。

神経ブロックとは、結局麻酔なのであり、この効果は局所麻酔薬の効果が持続する間のみであり無駄と思われるかも知れませんがそれは誤った解釈です。

 @直接的な痛覚伝導路の遮断による鎮痛
 A痛みの悪循環の遮断による発痛機転の抑制
 B交感神経の遮断による局所血流増加に伴う局所状況の改善
 C神経機能の一時的遮断で神経変性を抑制し疼痛発生を予防
 D運動神経遮断による痙攣の抑制

これらを考慮すれば、神経ブロックが痛みの治療のみではなく、疾患の治療としても有効である場合もあります。

A対象疾患は?

上記理由から痛みを伴うすべての疾患ということになりますが、特に痛み外来特有の治療を行えるのは、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、五十肩、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、特発性肋間神経痛、ガン性疼痛、などがあげられます。

B診療方針

現在はスタッフ数の制限もあるため、各診療科で、検査,診断をしていただき、痛み外来での治療が妥当だと判断された場合にご紹介していただいて、痛み外来での治療が開始されます。痛みをゼロにするのは困難な場合がほとんどですが、患者さんが“この程度の痛みならなんとか付き合っていける”と思えるレベルまで治療します。

麻酔科部長 川ア一良

施設認定

・日本麻酔科学会麻酔科認定病院
・日本ペインクリニック専門医指定研修施設

外来担当医表

(第2.4週)
午前川ア
(予約制)
午後川ア
(予約制)

※診察場所… 救急室

受付された方は、必ず受付終了時間までに、診療科待合でお待ちください。

スタッフ紹介

麻酔科部長

川ア 一良 かわさき かずよし

島根医科大学 平成4年卒

専門領域

 ペインクリニック、麻酔一般(小児麻酔)

専門医・認定医等

 日本麻酔学会 麻酔専門医・指導医
 日本ペインクリニック学会 専門医


〒627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
TEL:0772-62-0791(代表)
FAX:0772-62-5897

お問い合わせ交通アクセスサイトマップ

受付・診察時間

午前診療受付時間 7:30−11:30
診察時間 9:00−
※土曜日受付11:00まで
午後診療受付時間 7:30−14:30
診察時間 13:00−
夜間診療− 月・水・金曜日のみ −
受付時間 16:00−18:15
診察時間 17:00−
休診日第1.3.5土曜・日曜・祝日
受付をされた方は、必ず受付終了時間までに各診療科待合でお待ちください。診療科により受付・診察時間が異なります。詳しくは病院受付までご確認ください。

Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.