薬剤部

丹後中央病院について
病院長のあいさつ
基本理念・基本方針
病院概要・沿革
学会認定施設
各部署・施設のご紹介
┕ 看護部┕ 透析室┕ 臨床工学部┕ リハビリテーション部┕ 回復期リハビリテーション病棟┕ 薬剤部┕ 臨床検査部┕ 放射線部┕ 栄養部┕ 地域医療連携室┕ 医療安全管理室┕ 売店「いちょう」┕ 医用品ショップ「たぶの木」┕ 研修講堂「ふたばホール」
交通アクセス
フロアマップ
360度パノラマ写真
一般事業主行動計画
女性活躍推進法に基づく情報公表
個人情報の保護について

薬剤部より

薬剤部では、外来調剤、入院調剤、注射薬調剤を中心に、病棟での服薬指導業務や抗ガン剤の無菌調剤、薬剤情報管理、在庫管理業務などを行っています。

また、ICT(感染対策チーム)やNST(栄養サポートチーム)に参加して、チーム医療の一端を担っています。

現在、薬剤師、事務の13名のスタッフが病院理念である「安心・信頼・良質の医療」のため、医薬品の適正使用の推進に日々頑張っています。

ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)

感染対策チームでは、医師・看護師・検査技師・薬剤師より、院内の感染制御に関わる活動をしています。院内各部門への定期的な環境ラウンドや抗菌薬適正使用勉強会を開催し、感染制御の実施をしています。抗MRSA薬とカルバペネム系抗菌薬の使用については現在許可制としており無駄な使用を制限し耐性菌の出現をできるだけ少なくなるよう努力しています。

NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)

NSTは病気に対する主治療とともに栄養面からも治療を行い、傷の治りを早くしたりする自然治癒力を高める栄養療法を行う医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士、検査技師、事務など多職種のチームです。
入院時に栄養スクリーニングを実施し、栄養不足のリスクのある患者さまを早期に抽出後、チーム回診を実施し、一人ひとりの患者さまにとって適切な栄養療法を検討しています。その中で薬剤師は、薬の専門家として輸液療法や処方薬剤を提案し、栄養療法を実践しています。

スタッフ(平成29年4月現在)

薬剤師11名
事務員2名
認定資格

・栄養サポートチーム専門療法士  :1名
・認定実務実習指導薬剤師     :1名

調剤業務

現在薬剤師のもっとも基本となる重要な業務です。当院は院外処方を導入しておりませんので、現在はパソコンを用いたいろいろなシステムを導入し、待ち時間の短縮と調剤過誤の防止に向けて全力で取り組んでいます。
1日に平均外来処方せん約330枚、入院処方せん約120枚、注射せん約75枚を処理しています。

複数のお薬を服用する場合、その組み合わせによっては思わぬ副作用が出現することがあります。特に他の医療機関からのお薬については、チェックできませんので、そのような薬がある場合には必ず医師か薬剤師にお申し出ください。

製剤業務では、院内製剤として定められた薬品の調剤を行っております。治療、検査、診断などで必要とされる薬品が市販されていない場合は、院内で特殊製剤の調製などを行っています。

外来患者さまのお薬の調剤手順

注射薬業務

注射部門では、注射薬の供給、在庫管理を行っています。医師が処方した内容を監査し、患者さま別に注射薬の取り揃えと払い出しを行っています。
温度・湿度・使用期限などの品質管理、麻薬、毒薬、向精神薬、特定生物由来製品などの管理も行っています。

化学療法室

化学療法室では、抗がん剤の無菌調剤を行っています。院内で施行する抗がん剤を薬剤師がすべて調剤しており、作業者の安全を担保するため安全キャビネットや防護具を使用し調整しています。抗がん剤の処方はレジメンオーダーにより、すべての処方を薬剤師が事前監査することにより、安全で効果的な化学療法を提供しています。
また、一部の特殊な生物学的製剤(抗リウマチ剤など)も調製しています。

薬剤管理指導業務

入院患者さまへの服薬指導業務です。
担当薬剤師が、処方内容だけでなく患者さまのあらゆる情報を、カルテや医師、看護師、患者さま本人から収集します(現在の病状・臨床検査値・病歴・薬歴・アレルギーの有無・持参薬・サプリメントや健康食品の有無など)。
これらの情報をふまえて飲み合わせなどのチェックを行い、ベッドサイドで必要な情報をお伝えして、患者さまからの相談に応じます。

入院期間中は定期的に(週1回程度)訪問し、副作用の防止・早期発見に努めるとともに、患者さまから得られた情報は必要に応じて医師や看護師にフィードバックして、円滑でより効果的な薬物治療の実現に努めます。

医薬品情報管理(DI)業務

医薬品を有効かつ安全に使用していただくため、医薬品に関する情報の収集・整理を行い、各部署からの問い合わせに対応するとともに、院内向けに医薬品情報(DI News)を発信しています。

〒627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
TEL:0772-62-0791(代表)
FAX:0772-62-5897

お問い合わせ交通アクセスサイトマップ

受付・診察時間

午前診療受付時間 7:30−11:30
診察時間 9:00−
※土曜日受付11:00まで
午後診療受付時間 7:30−14:30
診察時間 13:00−
夜間診療− 月・水・金曜日のみ −
受付時間 16:00−18:15
診察時間 17:00−
休診日第1.3.5土曜・日曜・祝日
受付をされた方は、必ず受付終了時間までに各診療科待合でお待ちください。診療科により受付・診察時間が異なります。詳しくは病院受付までご確認ください。

Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.