回復期リハビリテーション病棟

丹後中央病院について
病院長のあいさつ
基本理念・基本方針
病院概要・沿革
学会認定施設
各部署・施設のご紹介
┕ 看護部┕ 透析室┕ 臨床工学部┕ リハビリテーション部┕ 回復期リハビリテーション病棟┕ 薬剤部┕ 臨床検査部┕ 放射線部┕ 栄養部┕ 地域医療連携室┕ 医療安全管理室┕ 売店「いちょう」┕ 医用品ショップ「たぶの木」┕ 研修講堂「ふたばホール」
交通アクセス
フロアマップ
360度パノラマ写真
一般事業主行動計画
女性活躍推進法に基づく情報公表
個人情報の保護について

回復期リハビリテーション病棟とは

当院は、2病棟96床の回復期リハビリテーション病棟を有し、病気やけがで治療が終了した回復期の方に対して、多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施しています。

チームの各担当スタッフが、寝たきりにならないように、「起きる」「食べる」「歩く」トイレに行く」お風呂に入る」など(これらを日常生活動作(ADL)という)への積極的な働きかけで、改善を図り、家庭復帰を支援していきます。

毎日患者様の状態にあわせて365日のリハビリテーションを実施し、実際の生活の場、生活時間帯に応じ、24時間を通して日常動作訓練を実施いたします。

入院期間は傷病名によって、日数が決められていますが、退院は患者様の状態に応じたチーム、ご家族と相談し医師が決定します。


回復期リハビリテーション病棟のご案内

PDFダウンロード(PDF:2810KB)

■回復期リハビリテーション病棟とは
■家庭復帰への支援
■リハビリテーションチーム
■対象疾患・期間
■申し込み・入院から退院までの流れ

家庭復帰への支援

回復期リハビリテーション病棟では、家庭復帰を目指して、必要に応じて外出や外泊(1泊)での在宅による練習を行います。
訓練で獲得した機能・能力を実際の生活場面で活用していただけるよう、食事・トイレなどの時間に看護師や看護補助が積極的にかかわり、介入します。
家庭復帰のための、より良いリハビリを提供するために、転棟時や退院前にリハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーがお家へ訪問し、評価や指導を行うことがあります。

概要

病床数回復期リハビリテーション病室 2病棟96床
施設基準回復期リハビリテーション病棟入院料2

リハビリテーションチーム

医師・看護師・看護補助・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー合同でカンファレンスを行い、スタッフ同士密にコミュニケーションをとり、目標を共有し、共通したリハビリを提供します。

対応疾患・期間

対応疾患発症から入院までの期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症もしくは術後2ヶ月以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む外部位外傷
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節・膝関節の骨折又は手術後
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後1ヶ月以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態

病棟の人員配置(H28.8現在)

医師看護師看護補助PTOTSTMSW
6病棟1名17名7名13名7名1名1名
8病棟1名17名9名15名7名1名1名

〒627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
TEL:0772-62-0791(代表)
FAX:0772-62-5897

お問い合わせ交通アクセスサイトマップ

受付・診察時間

午前診療受付時間 7:30−11:30
診察時間 9:00−
※土曜日受付11:00まで
午後診療受付時間 7:30−14:30
診察時間 13:00−
夜間診療− 月・水・金曜日のみ −
受付時間 16:00−18:15
診察時間 17:00−
休診日第1.3.5土曜・日曜・祝日
受付をされた方は、必ず受付終了時間までに各診療科待合でお待ちください。診療科により受付・診察時間が異なります。詳しくは病院受付までご確認ください。

Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.