透析室

丹後中央病院について
病院長のあいさつ
基本理念・基本方針
病院概要・沿革
学会認定施設
各部署・施設のご紹介
┕ 看護部┕ 透析室┕ 臨床工学部┕ リハビリテーション部┕ 回復期リハビリテーション病棟┕ 薬剤部┕ 臨床検査部┕ 放射線部┕ 栄養部┕ 地域連携相談部┕ 医療安全管理室┕ 売店「いちょう」┕ 医用品ショップ「たぶの木」┕ 研修講堂「ふたばホール」
交通アクセス
フロアマップ
360度パノラマ写真
一般事業主行動計画
女性活躍推進法に基づく情報公表
個人情報の保護について

透析室より

現在、約50名の患者さんの透析治療を行っています。観光やお盆、お正月などのイベント時には他府県からの患者さんの旅行透析も行っています。 

昨年3月からはオンラインHDFを開始。
今年2月からはI―HDFも実施しています。患者さんの状態に合わせたダイアライザーや透析方法等を選択することで、患者さんにとってより安全で安心できる透析治療を目指しています。

また、透析患者さんにとって非常に大切なシャントについては、透析導入前のシャント作成をはじめ、シャントトラブル時のシャントPTAや外科的治療も行っています。

血液透析以外の血液浄化療法として、潰瘍性大腸炎に対するLCAP、GCAP療法、敗血症に対するエンドトキシン吸着療法、難治性腹水に対する腹水濾過再静注法、閉塞性動脈硬化症に対するLDL吸着療法などのアフェレシス療法も積極的に行っています。

平成30年4月

診療内容

透析時間は患者さんのご希望を出来るだけ反映させていますが、病状等で若干異なります。 現在は4〜5時間の透析とオンラインHDFがメインとなっています

透析室スタッフ(平成30年4月現在)

・透析担当医師 7名(常勤医師2名 非常勤医師5名)
  常勤医師: 井上 輝郎
        福井 勝一
  非常勤医師:近藤 守寛
        中川 雅之
・看護師 8名、補助1名、事務1名
・臨床工学技士 5名

透析経験豊富なベテランから透析未経験の新人までと様々ですが、それぞれが最良の医療と看護の提供を目指し日々頑張っています

認定資格等

・透析技術認定士 :3名  ・透析技能検定合格者 :2名  ・アフェレシス認定技士 :1名
・呼吸療法認定士 :1名
・京都府糖尿病療養指導士認定委員会認定 京都府糖尿病療養指導士 :1名

透析室の診療時間

@月・水・金 2クール 9:00〜14:00、15:00〜20:00
A火・木・土 1クール 9:00〜16:00

透析食

透析中は約30分の食事時間を設けています。 食事は当院栄養部で厳選された透析食を1食600円で提供させて頂いておりますが、自宅からお弁当を 持参されても結構です。 あくまで、昼食は強制ではありませんので食べなくてもかまいません。

透析装置

22台

設備

●多人数用透析監視装置
●個人用透析装置
●逆浸透析水処理装置
●多人数用透析液供給装置
●A粉末自動溶解装置
●B粉末自動溶解装置
●個人用逆浸透水処理装置
●多用途血液処理用装置
●エコー装置

透析室ニュース

Vol.4 シャント狭窄

Vol.2 手根幹症候補

Vol.1 「透析ニュース」復活にさいしてのご挨拶

送迎サービス

当院では一部の地域ですが、透析患者様の送迎サービスを行っています。今後患者様のニーズに応じ送迎地域を拡大させていきたいと考えています。

送迎バス時刻表

転院希望・旅行透析・施設見学等は下記までお気軽にご相談ください。

地域連携相談部 TEL 0772-62-7730

急性血液浄化療法のご案内

当院は、急性血液浄化療法(アフェレシス治療)に積極的に取り組んでいます。

血液浄化療法件数(血液透析以外) 2006年5月〜2017年12月

GCAPPAPEDFPPPMX-DHPCARTβ2-mg吸着
177件 14件 28件 25件 57件 175件 580件

HDFについて

1.HDF(血液透析濾過)とは
HDFは、分子量が大きい尿毒素を効率よく除去することができます。しかし、尿素窒素やクレアチニンのように分子量が小さい尿毒素を除去する効率はHD(血液透析)より劣るため、HDを併用して、分子量が小さい物質から大きい物質まで広範囲の物質を取り除くことができるように工夫されています。濾過と透析という原理を併用することから、HDF(血液透析濾過)と名づけられています。

2.HDF(血液透析濾過)の方法
大量の水分を容易に濾過できる膜を使って体液の一部を廃棄し、同時に大量の補充液を体内に注入します。

専用の透析監視装置によって水分バランスを計測し、体液の過不足がないように監視します。

オフラインHDFでは効果する体液量は10L前後ですが、オンラインHDFでは大量の体液(25〜60L)を除去し、その代わりほぼ等量の透析液を体内に注入して体液を補充します。オンラインHDFでは、大きな分子量の尿毒素が血中から透析液へ抜ける代わりに、透析液から不純物質や細菌が血中に混入するおそれがあるため、関連学会のガイドラインに沿った厳密な水質管理を行い、より清浄化された安全な透析液を使用しています。

3.オンラインHDFの特徴
オンラインHDFがHDより優れている点は、透析アミロイドーシスの予防と透析困難症(透析中の低血圧)の治療であると報告されています。その他にも、レストレスレッグ症候群(じっとしていると脚がムズムズする・異常な感覚が現れる症状)、心不全、末梢神経障害、皮膚掻痒、皮膚乾燥などにも有効だといわれています。
  オンラインHDFの臨床効果
  ・透析アミロイドーシス
  ・透析困難症(透析中の低血圧)
  ・レストレスレッグ症候群
  ・イライラ感・不眠
  ・心不全
  ・末梢神経障害
  ・皮膚掻痒・皮膚乾燥
  ・尿毒性心膜炎


フットケア(足の観察、ケア、足の血流評価)

透析患者さんは免疫力の低下や血管の石灰化、動脈硬化などによって血管が詰まったり、傷が治りにくかったりするため、小さな傷ができた場合でも、悪化しやすく潰瘍から壊疽(えそ)、最終的には足の切断にまで至ることも少なくありません。

特に足は様々な刺激にさらされやすく、目も届きにくいため発見が遅れ重症化することが多いです。

当院では、足のトラブルの予防、早期発見、早期治療を目指し、フットケアを行っています。また、透析患者さん自身が足の手入れができ、継続したケアができるようセルフケア指導にも力を入れています。


なぜフットケアが大切なの?           

足壊疽により、足を切断してしまうと寝たきりになる人が多く、1年生存率は透析患者さんで約50%、5年になると約80%以上が死亡するという報告もあります。したがって、重症化しないよう日々のフットケアが重要になってきます。


〒627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
TEL:0772-62-0791(代表)
FAX:0772-62-5897

お問い合わせ交通アクセスサイトマップ

受付・診察時間

午前診療受付時間 7:30−11:30
診察時間 9:00−
※土曜日受付11:00まで
午後診療受付時間 7:30−14:30
診察時間 13:00−
夜間診療− 月・水・金曜日のみ −
受付時間 16:00−18:15
診察時間 17:00−
休診日第1.3.5土曜・日曜・祝日
受付をされた方は、必ず受付終了時間までに各診療科待合でお待ちください。診療科により受付・診察時間が異なります。詳しくは病院受付までご確認ください。

Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.