臨床工学部

丹後中央病院について
病院長のあいさつ
基本理念・基本方針
病院概要・沿革
学会認定施設
各部署・施設のご紹介
┕ 看護部┕ 透析室┕ 臨床工学部┕ リハビリテーション部┕ 回復期リハビリテーション病棟┕ 薬剤部┕ 臨床検査部┕ 放射線部┕ 栄養部┕ 地域連携相談部┕ 医療安全管理室┕ 売店「いちょう」┕ 医用品ショップ「たぶの木」┕ 研修講堂「ふたばホール」
交通アクセス
フロアマップ
360度パノラマ写真
一般事業主行動計画
女性活躍推進法に基づく情報公表
個人情報の保護について

臨床工学部とは

臨床工学部は、臨床工学技士法に基づく国家資格を持つ医療技術者で組織されており、生命維持管理装置の操作・保守点検・管理を行い、チーム医療の一員として患者さまへのより良い医療・安全な医療の提供を目指しています。
当院の臨床工学部は、現在5名の臨床工学技士が透析室・心臓カテーテル室・手術室等をそれぞれ担当部門に分けて業務を行っています。

スタッフ(平成30年7月現在)

臨床工学技士5名
認定資格
3学会合同呼吸療法認定士1名
透析技術認定士2名
日本アフェレシス学会認定技士1名
透析技能認定2級1名
第2種ME技術者2名

血液浄化関連業務

透析室では、透析装置22台で連日透析治療を行っており、臨床工学技士は治療から装置の保守管理までを一手に担っています。
平成29年度から新たにオンラインHDF(血液濾過透析)が可能な装置を増大し、オンラインHDF治療を開始。また、平成30年度にはI-HDF(間歇補充型血液透析濾過)を開始し、透析液浄化にもより力を入れています。
透析だけでなく各種血液浄化、単純血漿交換療法(PE)、エンドトキシン吸着療法(PMX)、顆粒球除去療法(GCAP)、 白血球除去療法(LCAP)、腹水濾過濃縮再静注法などの業務全般を行います。「血漿交換」「血液吸着」にも24時間365日対応しています。

シャント管理

透析患者にとって大事なシャントを長く使用できるように日頃からシャントの状態を適時把握し、STSシートによる評価、グラフト穿刺シートの活用を行い、定期的にシャントエコー検査を行っています。当院では、シャント部の狭窄音発見時等に血管造影を行い、必要に応じてシャント再建などの外科的治療やバルーンを血管内に挿入し、狭窄部を拡張する経皮的血管拡張術(PTA)を行っています。そのPTA業務において、医師の直接介助を臨床工学技士が行っています。透析時の穿刺や脱血状態、PTA適応時期の提案、PTA施行時に術中の医師とのコミュニケーションを行い、最良の治療を目指しています。

循環器関連業務

心臓カテーテル検査業務

多チャンネル記録装置(ポリグラフ)、超音波血管内エコー(IVUS)、大動脈内バルーンパンピング(IABP)などの操作や清潔野でのカテーテル関連機器の操作や医師の介助を行っています。

ME機器管理業務

院内の人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプの中央管理を行っています。人工呼吸器は使用毎に点検を行い、安全を確認した上でベストの状態で使用できるよう心掛けています。
医療機器保守管理業務においては、病院内の数多くの医療機器の安全使用のため「医療機器管理室」を設置し、増加する医療機器に対応し年間計画を立てて保守管理をしており、使用中のトラブル対応なども積極的に行っています。
そして、医療スタッフに対する医療機器の適正使用に関する院内教育も行っています。平成19年度から施行された「良質な医療を提供する体制の確保を図るための医療法の一部を改正する法律(平成18年度第84号)」における「医療機器安全管理責任者」に臨床工学技士が任命されたことにより、臨床技術提供業務の充実はもちろん各種医療機器の安全管理を目指しています。

手術室業務

当院では平成30年度より器械出しとして主に泌尿器科の手術に従事しています。内容としては器械の準備・操作、直接介助を行っています。

〒627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
TEL:0772-62-0791(代表)
FAX:0772-62-5897

お問い合わせ交通アクセスサイトマップ

受付・診察時間

午前診療受付時間 7:30−11:30
診察時間 9:00−
※土曜日受付11:00まで
午後診療受付時間 7:30−14:30
診察時間 13:00−
夜間診療− 月・水・金曜日のみ −
受付時間 16:00−18:15
診察時間 17:00−
休診日第1.3.5土曜・日曜・祝日
受付をされた方は、必ず受付終了時間までに各診療科待合でお待ちください。診療科により受付・診察時間が異なります。詳しくは病院受付までご確認ください。

Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.